<   2017年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

試作パン

こんなの私の思ってたパンじゃない‼︎
a0080074_11533601.jpeg
一人して、一口食べて口走った言葉。
多分直訳すると「漁師のパン」と呼ばれているものがイタリアにはありました。かつて住んでいた家の近くのパン屋さんは、他所と全く違っていました。
他で食べるこのパンは、まるでスコーンのような食感。
しかし、ご近所さんは、味だけ残し、完全にパンだったのです!

さて、このパンの特徴はなんといってもその不思議な味でした。ドライフルーツにナッツ、オリーブオイルが特徴。
ご近所パンは、種入りドライレーズンと松の実、アーモンド、オリーブオイル、ローズマリーの組み合わせ。癖になる味でした。 フォカッチャ生地だったんだろうか?と思い作って見ましたが、まるで違う。甘塩っぱいパンだったんだと思い出させてくれました。

やっぱり本場で食べないと!
そんな気分になりました。

今日はカヌレの生地作り。
二週間前から多治見のjikan ryokoさんにて販売しています。珈琲とプレーンの二種類! この時のコーヒー豆はもちろんjikan ryokoさんのお豆を使用しています。
明日焼きあげて納品予定ですが、外は雪。少し心配です



[PR]
by hoyarapan | 2017-12-27 11:52 | 日々の出来事 | Comments(0)

シュトレン大盛況

皆様、クリスマスいかがでしたか?
ワイワイ楽しく過ごせた方も仕事に追われた方も。
クリスマスソングを少しでも耳にしたら心が弾みましたよね、きっと。
シュトレン食べ比べを催しながら、日持ちのしないケーキ的なシュトレンもあれば、ほやらのようにガッチリ昔ながらのシュトレン、マクロビオティック系のシュトレンもあり。様々で。とっても楽しくいただきました。

そうは言っても私はやはり長く住んだイタリアのパネットーネが大好きです❤️ パネットーネは、値段ピンキリ。現地では500円〜3000円とものすごく開きのあるのも特徴です。
値段を出すだけ特別な味に出会えるため、お安いのは朝食パンとして頂き、お値段のはるものは、みんなで食事後少量頂きという感じで楽しんでいました。
懐かしい。

皆様のおかげで今年はシュトレンが大盛況!
21日まで焼いておりました。毎年シュトレンを焼き終えて23日にお茶の納会を済ますと気が抜けてしまうのか体調を崩してしまいます。今年は、パァーッと温泉に行き気分転換。

今日はお掃除しつつ、パンの試作を始めています。
パネットーネで懐かしくなったイタリアを思い出し、
懐かしいパンを食べたくなりました。味もうる覚えでどうなるかですが、とりあえず挑戦。明日、結果をご報告いたします。

[PR]
by hoyarapan | 2017-12-26 11:25 | 日々の出来事 | Comments(0)

懐かしい

a0080074_10140458.jpeg
私のマヨリカ時代。
こんな絵付けもしました。

友人がお皿に鳥の絵を描いたのだけれどと見せてくれました。吹き出してしまいました。そんな時も気を遣わず笑える相手。描き慣れておらず、手が覚えていなかったんでしょうね。

他の絵はとっても上手なのに…「私の描いたお皿の中にマエストロのが一羽混じってるから写メ送ります!」そんな理由で撮った写真。
船便で送る際に真っ二つに割れてしまったけれど、これを見ると遠い日に鼻歌交じりで駅から歩いて30分の道のりを思い出します。
雪の日もテクテク。

今のほやら室内温度3度。
朝一は何度だったんだろ…



[PR]
by hoyarapan | 2017-12-18 10:12 | 日々の出来事 | Comments(0)

シュトレン受付延長20日まで

昨年は、早めに出荷したにもかかわらず希望日に間に合わなかったということが起こり(宅配業者さんのトラブル)、今年は絶対に15日までに包み終わる!と鼻息を荒くしておりました。
すっかり焼き終わり、本日工房の掃除をやりきり帰宅。
すると、「シュトレン延長なの?深山のインスタに載ってるけど」と連絡が。
「えーっ! 聞いてないけど…」と不安いっぱい。
しかし、好評なら…余力あります!頑張れます。
そんなこんなで、受付一週間ほど延長になりました。
a0080074_19073426.jpeg
自信を持って言えること。ほやらのシュトレン、持っていただいただけで違いわかっていただけると思います。
よかったらご検討ください。

https://www.instagram.com/miyama.mizunami



[PR]
by hoyarapan | 2017-12-14 21:29 | お知らせ | Comments(2)

シュトレン製作中!

1.焼く
2.砂糖がけをしパックする
3.包んでリボンをかける

それを順番にやっています。
リボンをかけるとき、フワッと笑みが溢れます。
出来たっていう、そんな感じですかね。
今年もリボンを買いに岐阜まで。
a0080074_19071669.jpeg
a0080074_19073426.jpeg
リボンをかけ、ここから先は別の場所で箱詰め。
少しでも早く焼き上げ、皆さんが封を切るころ美味しくなっていますように! そんな願いを込め、リボンをかけています。

15日まで受け付けております。
冬のギフトにどうぞ





[PR]
by hoyarapan | 2017-12-03 11:16 | 日々の出来事 | Comments(0)