スギナ茶

a0080074_14022592.jpg
ほやらの庭で、コンニャローアンニャローと抜いていたスギナ。薬草に詳しいスタッフがスギナはいいことだらけですよ〜なんて言っていたので、干してからフライパンで炒ってお茶として飲んでみています。

調べてみると排毒作用もあり、自律神経系にもよく、ミネラルたっぷりでカルシウムの吸収を助けるらしい。本当いいことだらけ〜。

なんだかイタリア生活を思い出します。
ある山の中に住んでいる知り合いに招待を受け泊まりに行った時のこと。バス停から徒歩30分の山登り。月明かりだけの道。各部屋には蒔ストーブ。ローリエの木を蒔として使い、香りの良かったこと。時々、マンダリーナと呼ばれるみかんの皮を一緒に燃やして香りを楽しむ。お茶といえば山でちぎってきたサルビア(セージ)。小鳥の声で目が覚め、外に出ると日の出。ライオンキングの世界。朝の散歩で山のサクランボを摘んでいると鹿と鉢合わせ。驚き腰を抜かしてしまう。

そんな思い出にググっと引っ張りこまれてしまったスギナ茶。

五感で感じたことを思い出させてくれます。
皆さんも試してみてください、雑草が素敵なものに変身します。


[PR]
by hoyarapan | 2016-05-23 14:01 | 日々の出来事 | Comments(0)
<< 今週のお花 カヌレ近日デビュー >>