カヌレと急性アレルギー症状

昨年、旅のお土産として頂いたカヌレの美味しさに卒倒しそうになった。日本におけるカヌレやティラミスは正直バブルの産物だと思っていた。

さ、そうなるといつの日かあの味を!となってしまうのが心情。
他の試作と抱き合わせでやるようになって4回目。味も大切だが何よりも焼き方が難しい。カヌレは、銅型を使わないとカヌレとは呼ばないという一文のお陰で私のお菓子作りは困難を極めている。
a0080074_13584392.jpg
陶器の時代も一年がかりで菊型のカップ&ソーサーを作った。その時も遠い昔に作られたフランス製に憧れて、技術不足は試作回数で補った。試作の度にできるデータ持って、ゴットハンドに意見を聞きに行っていた。

行く先々でカヌレを買い食べるのだけど、あの味以上が見当たらない。自分で作っても失敗の連続。嫌な予感、これも一年がかりなのか?!

そうこうしているうちに、目が充血し、膿が出て目が飛び出している〜!! だけど片目だけ?
朝起きると目が開かない、くっついちゃってる。 病院行くと「急性アレルギー症状です。」

カヌレの食べ過ぎ。
卵アレルギー?
なんの関係もないそうです。





[PR]
by hoyarapan | 2016-02-16 15:09 | 日々の出来事 | Comments(0)
<< 試作中 試作の嵐 >>