<   2016年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

試作

ランチのメインをあれこれ考えていました。
想いを形にするには、何度もぶち当たる予算の壁と自身の腕。

三月は日本の行事でいくと、ひな祭り。そして、私と馴染みの深いイタリアではミモザの日とイースター。
なので、メインはどうしても肉!にしたいと考えておりました。
a0080074_11132942.jpg
ダイコン・手作りソーセージステーキ
(試作を兼ねた家ごはんなので、盛り付けの粗さはお許しを)

手作りソーセージのイメージは、ずいぶん昔、ウサギのお肉を生ハムで巻いて焼いたものをイタリアで目にしていたのでそれを参考にしました。

ふふふ、これで先日試作のミモザサラダと手作りソーセージステーキで、肉・乳製品・卵すべてクリア。

息詰まっていたところにちょうど風が通った感じです。のんきなこと言ってますが、冬眠から目を覚まさねば! 今週末から営業です。

[PR]
by hoyarapan | 2016-02-29 11:07 | 日々の出来事 | Comments(0)

庭もなんとかしなければ〜

気づけばもう来週末がほやら再開の日!
ここのところ体調に波があって、ちょっと厳しい日もありますが、少しでも進めねば。なんと言ってもあの山奥の寒さは身体にこたえるで、家で試作の続きをしたり、寄せ植えを用意したり。
a0080074_14245464.jpg
これはやっていただいたもの。しかし、花が!
花が減ったと思ったら、うちのいたずらワンコに食べられていたという事件が…花よ咲け!とばかりに日当たりのいい、ワンコに食べられない高い位置に置く。
このオシャレ寄植えは、玄関先用。

a0080074_14275266.jpg
この地味植木鉢は、庭埋込用。

まだまだほやらの庭は、冬モード。
霜柱で浮き上がってしまった土が崩れ、、、
そんな中、ムスカリの芽が出てきました。
ほやらの庭は、庭師さんお手上げの庭で素人の浅知恵はことごとく失敗しましたが、毎年寄植えに使ったムスカリの球根をダメもとで庭に植え始めたところ意外と根付き地味に増えてきました。
今年も球根を少しだけ買ってみました。
オープンまでに花が咲きますようにー


[PR]
by hoyarapan | 2016-02-26 14:18 | 日々の出来事 | Comments(0)

試作中

時間があったらあったで、集中力ってなくなるんですね、、、
あれこれ迷い出して一向に決まらない。

三月は春らしく、オープンの月だからパッと花を咲かせるイメージで。
a0080074_07594949.jpg
アレンジミモザサラダ
ミモザの日もある三月だし。

[PR]
by hoyarapan | 2016-02-22 07:56 | 日々の出来事 | Comments(0)

カヌレと急性アレルギー症状

昨年、旅のお土産として頂いたカヌレの美味しさに卒倒しそうになった。日本におけるカヌレやティラミスは正直バブルの産物だと思っていた。

さ、そうなるといつの日かあの味を!となってしまうのが心情。
他の試作と抱き合わせでやるようになって4回目。味も大切だが何よりも焼き方が難しい。カヌレは、銅型を使わないとカヌレとは呼ばないという一文のお陰で私のお菓子作りは困難を極めている。
a0080074_13584392.jpg
陶器の時代も一年がかりで菊型のカップ&ソーサーを作った。その時も遠い昔に作られたフランス製に憧れて、技術不足は試作回数で補った。試作の度にできるデータ持って、ゴットハンドに意見を聞きに行っていた。

行く先々でカヌレを買い食べるのだけど、あの味以上が見当たらない。自分で作っても失敗の連続。嫌な予感、これも一年がかりなのか?!

そうこうしているうちに、目が充血し、膿が出て目が飛び出している〜!! だけど片目だけ?
朝起きると目が開かない、くっついちゃってる。 病院行くと「急性アレルギー症状です。」

カヌレの食べ過ぎ。
卵アレルギー?
なんの関係もないそうです。





[PR]
by hoyarapan | 2016-02-16 15:09 | 日々の出来事 | Comments(0)

試作の嵐

イタリアから帰国し、なんか作らねば!
と燃えておりますが、なんだか結果が伴っておらず、連日の焼き菓子の不発に胃も心もグッタリ。甘い物好きにも関わらず、砂糖抜きしたい!と言い出す始末。
毎日飽きもせず、梅おにぎりと明太子おにぎりを食べ、日本の食文化偉大なりと口走ってしまい、、、

でも、まあまあの成果をあげているものもあるんです。そう、イタリアクレープ。
a0080074_11585629.jpg
焼き菓子の合間に生地を作り焼いてます。
灯油ストーブの上にフライパン(笑)
田舎には一家に一台の軽自動車又は軽トラと灯油ストーブです。コレは「ほやら」のですけど。
こうやって焼いておき、家に持ち帰る。
a0080074_12020272.jpg
中身を詰めて、トースターで焼いてます。
フランスっぽいのは作るまい!と硬く心に決めてスタート。生地の粉を変えたり、液体濃度を変えたり。今日はおチビちゃんたちが遊びに来るらしいので、生地の冒険は控えめに。さて、何を詰めようかなー


[PR]
by hoyarapan | 2016-02-13 11:50 | 日々の出来事 | Comments(0)

摂氏2度の世界

朝から雪。瑞浪の事務所の時点では雨だった。
水車のおばあちゃん市まで来ると雪に。

室内温度が2度!
昨日より暖かいときいたけど、一体昨日何度だったのよ〜。カイロをたっぷり持たされ、ほやらに送り込まれ、、、
a0080074_09420905.jpg
雪が降ってもなんでも今日は昨日仕込んだマドレーヌの生地があるから焼かなきゃいけない。
以前のレシピは、美味しいけれど焼いた後の生地の締まりがよすぎてなんとかならないかな〜と考えていたので、少し改良し、以前のスタッフがそれぞれ使っていた型二種とも試すことに。

オーブンもストーブつけてもまだ室内温度が5度。積もる前に帰りたいよ〜
もう写真とってから2cm積もってる!

イタリアで仕入れたオシャレ帽。
a0080074_12351167.jpg
(本人はそう思っているが、実際は新種の鳥だと言われていた)
外せない、今やコック帽がわりになっている、、、


[PR]
by hoyarapan | 2016-02-09 09:41 | 日々の出来事 | Comments(0)

2016年営業は、3月5日より!

久々にほやら出勤。
寒さになれず早くもお腹壊し気味。
お店をあける前までに何をするか書き出し、それに向かってスタート。
いつも思うんですけど、ホント仕事って終わりがないですよね。より良く高いものを目指していくにはもう少しもう少しと。

昨年の教訓をいかし、バターの確保は今のところ出来ているので、焼き菓子の改良とほやららしい素朴なお菓子の用意を目標にやっていく!
と決めました。

どうぞお楽しみにー


[PR]
by hoyarapan | 2016-02-08 09:55 | Comments(2)

家路

成田に着いて、羽田空港へ。
成田からキャリーを送ってのんびり電車移動していると人身事故!まさかの出来事にしばし呆然。
東京モノレールに乗換。
行きも帰りも...
いつもなにかしら起こってしまう自分になにかついてるのかと心配に。

飛行機の中でも水にティッシュに忙しく、ホントにアリタリアの方を散々動かして、失礼しました。無事に帰宅出来て良かった〜。

食旅終了。





[PR]
by hoyarapan | 2016-02-06 12:26 | 日々の出来事 | Comments(0)

最後の日

フィレンツェ最後の日。
以前お世話になっていたお茶の先生に会いに。
お稽古始めだったらしく、他の生徒さんも。
もちろん、イタリア人の生徒さんも。
先生によって、注意ポイントも若干違う。こだわりポイントが違うと言った方がいいのかもしれないな〜と。

お稽古が終わりお友達とランチへ。
最近、フィレンツェでもカフェが増えました。
ハンドドリップの美味しいコーヒーが飲める店に連れて行ってもらうと、イタリアじゃない!
日本からハリオさんのセットを仕入れ、でもお豆はイタリアンロースト。
クロックマダムも提供され、これもイタリアっぽくない。私はクラッシックイタリアンカフェが好きということを再確認。イタリアに住んでいたらこういうカフェも行きたくなるだろうけど。

さて、夜はもう外食を避け家飯。
a0080074_12233163.jpg
友人が弱っている私の為に和食を準備してくれました! 長く住んでいる友人たちは日本から手作り味噌を持って来て、家で半分は日本食。だけど、お浸しの葉物はルーコラだったり。

お世話になりました!

[PR]
by hoyarapan | 2016-02-06 12:15 | 日々の出来事 | Comments(0)

丁寧なお財布

夕方、熱が出ることになるとも思わなかった私は、訪ねたい知り合いの工房がまだ二つありました。
そのうちの一つ、木工象嵌をされている望月さんの工房。知り合った頃は、まだ家具の修復工房での仕事が主流でしたが、今ではご自分の工房を構え活躍されている。
a0080074_11565312.jpg
話に夢中ですっかり写真を撮るの忘れていました、、、
彼の作品、フィレンツェ貧乏生活をしていた私にとっては高嶺の花、でもいつか欲しい!と長く願っておりました。基本、オーダーメイドの為、すぐに買えるものってないのかと思っていたら、たまたまコインケース用の象嵌が。
急ぎで仕上げてもらい、二日後に私の元へ。
a0080074_12023550.jpg
片面が木工象嵌で、もう一方が皮。
a0080074_12041985.jpg
皮の国でもあるイタリアで選び抜いた靴用の形のキープ力の強い皮。

このお財布にどれだけの仕事量が詰まっているのだろうと考えると、私の人生のそばにいつもいて欲しいのでした。

皆さんにも知っていただきたい作家さん。
ほやらでも紹介したいな〜。
いや、もうすでに先日BSでも放送されてたな

[PR]
by hoyarapan | 2016-02-06 11:51 | 日々の出来事 | Comments(0)