<   2015年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

試作中!

a0080074_15281176.jpg
これなんだと思います?
じゃがいもニョッキ!
ジャガイモの裏ごしをサボってしまったので、形が歪になってしまいました、、、

イタリアでは、お茶漬けくらいサッサと食べれるものとして自宅では食べ、はたまた、トラットリアで美味しいソースと共に食べたものでした。ソースが重い時は、ニョッキ自体の味がシンプルだった気がします。記憶をたどりながら、試作。先日はカボチャニョッキにもチャレンジしてました。

どうなることやら、10月のメニュー!
お楽しみに〜



[PR]
by hoyarapan | 2015-09-30 15:27 | 日々の出来事 | Comments(0)

洋ナシのブローチ

a0080074_11081524.jpg
関根さんのブローチです。
シルバー製でしっかりした厚みもあり。
程よい厚みは、コートにつけても素敵だなって思います。

シルバーは、黒ずんでしまうと心配される方が多いかと思われますが、気になったら磨き用の布や革で磨くこともできます。こうして彫りをしてあるものは、黒ずんでいくと立体感を増す為、ますます素敵になるんです!

さて、一瞬の夢の時間も終わり、試作の続きと栗むき、、、



[PR]
by hoyarapan | 2015-09-30 11:05 | 日々の出来事 | Comments(0)

miyamaの器が!

今日は休日。
好きなことしかやらない!来月のメニューとか気にせず楽しんでやる〜と予定をたっぷり入れ込んだ欲張りデー。
その一つに、古川美術館に行くということがありました。
こんなチラシを頂きまして。
a0080074_17252440.jpg
琳派繋がりで、琳派調という花型をもつお華の流派の小原流がお花を活けているということだったので行ってみました。こちらは為三郎記念館で開催されていて、襖も唐長さんの唐紙が使われ、本当に素敵でした。

ここで、ゆっくりお茶でも頂くか〜とふと見ると、なんとmiyamaのカームというシリーズの織部釉のお皿が! 
嬉しい!!!
新しい物が古い物と共存したり、作家さんのものと工業製品が一緒にいる! そういうのって、素敵。 いろいろ知ってらっしゃる方が崩しをされるのって、やっぱり違いますね。

今日はお天気同様いいことずくしの日。
さて、気分を入れ替え、夜は恒例の栗むき作業です!




[PR]
by hoyarapan | 2015-09-29 17:22 | 日々の出来事 | Comments(0)

うえのさんのブローチ

うえのさんのブローチ受け取ってきました!
明日、ほやらに並びます。
前回は、ご紹介する間もなく完売してしまい、お客様から幻化しちゃうから、お店に並べる前に紹介して〜!と強い要望が。
a0080074_19035392.jpg
この7種類が再入荷です。
1種3〜5点並びますよ!

左上から、
女の子・ちびっこ・とり・みつばち
左下から、
てんとう虫・ちょうちょ・たいよう

本当に心踊る作品です。
一つ一つ表情が違い、色使いも違うので、気づいたら「どーれにしようかな」と選んでいます。どこから、こんなカワイイ発想が!絵本の世界かな〜。




[PR]
by hoyarapan | 2015-09-25 19:00 | お知らせ | Comments(0)

栗‼

とうとう、やってきましたこの季節。
いや、やってきてしまったというべきか。
プライベートでも栗ご飯や栗きんとん、美味しい〜!! 大好きです!が、自分では、、、

a0080074_15391839.jpg
うー、大変だぞ〜
大切な来月のメニューの食材になります!
お楽しみにー



[PR]
by hoyarapan | 2015-09-24 15:09 | 日々の出来事 | Comments(0)

ブローチ

木のブローチは、フジタマリさんの作品。
a0080074_20553746.jpg
木のブローチって優しくて素敵ですね。よく見ると、木目が木の種類によって全然違ったり、硬さが違うと放つ力が違ったり、そういう小さな違いを生かして、形が考えられていて。
a0080074_21113241.jpg
一輪挿しやピアススタンドも素敵です。

ナカジマナオコさんの作品
a0080074_21130489.jpg
かわいらしいブローチたち。
たくさんの種類があり、みていると飽きません。この方がプレセピオの飾りを作ったらどうなるのかな?なんて、想像が膨らみます。

ブローチ展は、二週間延長の10月12日まで。
上野さんの作品は、26日に再入荷いたします。

[PR]
by hoyarapan | 2015-09-21 20:54 | Comments(0)

一目惚れブローチ

小平さんのブローチ
a0080074_21035872.jpg
アップの画像がなくてすみません!
ある場所で、フクロウのブローチを見たとき、コレだ!と即購入した私。やはり家族は好きな物が似ているのでしょうか? まずフクロウを手にいれています。銀彩を施した動物は、使っている間に輝きが変わっていって、まるで革製品みたい。育ててる感覚があるんです。
そして、このちょうちょのブローチ。触角部分っていうんですか? その先についているの、アンティークビーズなんですって。(ブローチ下の板の色と同化してしまってるかも)アンティーク市好きの私は途端に、ちょうちょに目を奪われています。



[PR]
by hoyarapan | 2015-09-20 21:02 | Comments(0)

洋彫のブローチ

今回は、洋彫の作家さんがお二人参加されています。お二人共、イタリアのハイジュエリーのメーカーで経験を積まれました。そのメーカー、確か日本では、取り扱いが銀座和光さんだけだったと思います。技術の確かなお二人が今はそれぞれに活躍されています。
金属を彫るということ、本当に大変で根気のいる作業なんです。しかし、手彫りであるからこそ、曲線が柔らかい。

佐藤さんの作品
a0080074_20222666.jpg
私は、彼女のファン。今も実は、イヤーカフをオーダーしています!祖母の形見分けで手にした真珠のネックレス。長さ調整をして余った真珠を使って欲しいとお願いして。女性らしい作品とその作品を収納する布袋も毎回カワイイ!と一緒に飾っています。
a0080074_20374242.jpg
シンプルな洋服にサッとつけるだけで、なんだか自分がいい女になった気分がするんです。帯留めにもなりそうじゃない? 可能性が広がる作品、素敵ですよ〜

ブローチの下の丸いのは、お花の時に、たびたび登場したmiyamaのおつまみ重箱の蓋を裏返しに使っています

関根さんの作品
a0080074_20442017.jpg
関根さんの作品は、miyamaの器の上に飾っています。
a0080074_20464952.jpg
わーっ! そういってお手にとってくださる方がたくさんいらっしゃいます。輝きが抜きん出て一目見て、手が混んでいると誰が見てもわかる作品。輝きのある物を身につけると、こちらも背筋が伸びます。着物をきた時とよく似ている気がします。

中々目にする機会が少ない洋彫の作品、見にいらしてください。

[PR]
by hoyarapan | 2015-09-20 20:17 | Comments(0)

ブローチ!

今週からイタリア組の作品も並びました。
えーっ、意外! 彼女がこんな作品作ってるー!
そんなこんな思いながら、並べていました。

ブローチ展を楽しみにきてくださった方が、鏡に合わせながら楽しそうにお友達と合わせている姿が、すごく微笑ましく自然とみんなが笑顔になっていきます。
a0080074_21212591.jpg
囲炉裏の周りに作品がいっぱいです。
週ごとに少しずつ配置換えをしながら。
a0080074_21230694.jpg
イタリアで浮彫細工師をしている中村タカヒロさんです。主に、銀食器が専門の彼。
イタリア料理店の看板を作られたり、伝統的な銀食器以外の形や素材にも積極的に取り組まれています。今回はトレーでの参加です。
タイトルは波紋。よーく見ると、カニがいたり、カエルがいたり。サラマンカ大のファザードか!とツッコミながら飾ってました(笑)

a0080074_21364322.jpg
シルヴィアの作品
今回は、色使いがとてもシック。
轆轤師でもある彼女の作品は、大ぶりであっても軽い、でも割れにくい厚みで、すばらしい。
私、イタリアにいた頃から、彼女の作品大好きです。ちょっとしたところに彼女のやり過ぎない、オシャレ感がたまりません。
お気に入り達は、早速お嫁に行きました〜、やっぱりね〜

a0080074_21433648.jpg
ヴァレンティーナの作品
すっかり秋冬モードです。
釉薬が専門の彼女。色を操ることのできる彼女が作るボタンをイタリア人がまとめ買いする姿を何度も目にしてきました。そんなボタンを使った作品です。
a0080074_21521226.jpg
海さんの作品
人生の半分をイタリアで過ごしている彼女の作品は、小さなブローチに力強さを感じます。身につけると違う魅力が現れそうな、そんな感じがしています。

また明日、他の方の作品紹介いたします!

[PR]
by hoyarapan | 2015-09-19 21:15 | Comments(0)

肉キッシュ!

サラートプレートのキッシュ焼きました。
a0080074_13064340.jpg
お肉のキッシュ!
そろそろ、少し重めのものも食べたくなってきましたよね〜。
お肉が苦手な方の為に少しだけお肉を使っていないキッシュもご用意しております。お声をかけてください。

[PR]
by hoyarapan | 2015-09-18 13:05 | Comments(0)