シュトレン

今日は急遽シュトレン作り。
今期の営業が終わった来週からスタート!なんて思っていたら間に合うのか⁈と不安になり、一人で作っていました。
a0080074_19283866.jpeg
a0080074_19285748.jpeg
レーズンが外に出てしまうと丸焦げで苦くなってしまうので、薄いアーモンド生地で包んでいます。
こうしてオーブンで焼いた後、
熱々のバターにくぐらせ、一晩置いてから粉糖をまぶしています。

この工程(バターにくぐらせ、粉糖をまぶす)が長期保存を可能にしていますが、
こういったシュトレンをご存じないお客様から、カビが生えてるとお電話いただく事がございます。
カビではなく、バターと粉糖が一体化していく過程で、粉糖のところにバターが染み出す感じになるんです。

モカマロン(栗とチョコ)の方は、バターと粉糖が一体化していく中でチョコが透けて見えることがあるんです。

作り方を変えるべきなのか悩みましたが、多くのファンを持つほやらのシュトレン。そのままの昔ながらの方法で続行することとなりました。

お求めのお客様、http://www.miyama-web.co.jp/shop/ よりご注文頂けます。



[PR]
by hoyarapan | 2017-11-22 19:26 | お知らせ | Comments(0)
<< 今年最後の週末営業 名所案内 >>