甘き人生

私の人生設計が甘いとかそういう話ではありません。
久々にお盆に映画を見てきました。
そのタイトルが「甘き人生」
いや、原作はそんなタイトルではないけど…

私のお盆休みの1日は、姪や甥を預かり、父の実家へGo.
私にとって子供は想像もつかない空想の世界で生きてるような人種。日頃子供と接してない人間は、とっても不思議なのです。そして、彼らの勢いに付き合い、どこで手を抜いていいのかわからず、全力で遊びエネルギーを吸い取られる…

もう1日は、自分だけの日を満喫しよう!
そう思って。

もうイタリア映画というだけで、評価は甘々。
ホロリと泣けてしまうシーンがあるんです。
マンマ命のイタリア人少年がママの死を受け入れないまま大人になり…ジャーナリストとしてある日、ママを愛せないという新聞投稿への返信として想いを綴り…泣けちゃう… 立派なおじさんになって初めて知るママの死因。

どんどん話したくなってしまうけど、よかったら映画館へ。ちょっと年齢層高かったかな。名古屋なら伏見ミリオンでやってますよ。

映画で現実逃避。
いや、もはや姪っ子たちに負けない妄想してるぞー





[PR]
by hoyarapan | 2017-08-17 12:35 | 日々の出来事 | Comments(0)
<< ジャガイモ収穫! 今月のデザート >>