試作 食パン

2013年にほやらを引き継いだ時、どれだけ「パン喫茶」の「パン」をはずして!と願ったことか。パンの販売もないのに「パン喫茶ほやら」だなんて。

パンとついているからには、何が何でもランチはパン!となり、お菓子も手作り、いや、全て手作りとなり、それまでやっていた器を作ることを投げて、日々追われて今に至る…です。

気づけば、食パンなるものを作っていない!
なぜ食パン作ろうとしなかったんだろう。
ずっと考えておりましたが、第二の故郷イタリアは、当時パン屋さんに食パンがなかったのです。食事に食パンをという考えが全くありませんでした。住んでいた場所は、日本では不味いパンとして名高いパーネトスカーナが主流。

そうだ、食パン作ろう。焼きあがりに、あーいい匂いってなるバターの入ったパン。少し甘めにして、トーストしなくても食べて美味しいやつ。そうそう、イタリアは朝から甘いパンを食べて、エスプレッソをグイッと飲んで仕事をしてたんだった。

パーネトスカーナとは真逆に走る極端な私。

そんなことを思いながら、パンの試作。
a0080074_16450951.jpg
しかし、そのまま食べて美味しい食パンがランチに合うのか?とちょっと不安…

[PR]
by hoyarapan | 2017-02-16 16:32 | 日々の出来事 | Comments(0)
<< 優雅な試食 今週のお花 >>